All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014'05.03 (Sat)

直腸がん顛末記07

気が付けば術後1か月をとうに過ぎ、何やら記憶も怪しくなり始めてるのでヤバい…(^_^.)。


2014年3月29日(術後5日目)

この日もほぼ一日、ベッドに座って過ごす。
午前中母が見舞いに来た時、ちょっと歩こうと言われ、一緒に病院の廊下をお散歩。
往復で50mくらいは歩いたかな?

この日あたりから、水をかなり飲むようになった。
300~400mlくらい。
あとはテレビも楽しめるようになる。

そうそう、この日は牧師さんがまたお祈りに来て下さって、ビックラしたよ。
牧師さんは元銀行員だそうで、ホントにまじめな人なんだな~と思った。

あと…そうだ、この日はフィギュアの世界選手権見たんだ!
女子シングルのフリー。
浅田真央ちゃんや鈴木明子選手の演技が見れてうれしかった。



2014年3月30日(術後6日目)

この日から食事が出たよ。
といっても流動食からで、重湯とポタージュみたいなの。
初日だったから半分くらいしか食べれ(飲め)なかったけど、おいしかった。
この日も午前中、母と病院の廊下を散歩。
そうそう、食事が始まったのはいいんだけど、後遺症の排便障害のことが心配だったりしたっけ。
食べれば出るからねぇ…(・_・)。
で、実はまだ尿管が抜けてなかったんだけど、膀胱の機能を確認するためってコトで、この日から尿の管を途中でクリップ止めして、おしっこを膀胱にためる練習始まる。
これまでは、尿管の先にビニールバックがついてて、それがいっぱいなると看護師さんが捨てに行ってくれてたけど、2時間おきにクリップを外してどのくらいたまるか確認するとのこと。

そだそだ、午後妹がお見舞い来てくれたんだけど、その時丁度、看護師さんが検温とかに来てて、月曜に硬膜外麻酔の管外しますって話になった。
実はポンプの中の麻酔液が前の日からなくなってたけど補充しなかったんだって!
こっちはそんなこと知らんから麻酔が効いてるものと思って、午前中歩き回ってたよ~(^^ゞ。
その話を聞いて妹ビックリ、痛みがないことに安心してくれたみたい。



2014年3月31日(術後7日目)

この日、朝の回診で主治医が硬膜外麻酔の管外してくれた後、午後には個室から一般病棟に戻りますた。
食事も重湯だけでなく、固形物のおかずも出るようになった。
軟らかく煮た肉じゃが。肉は鶏のひき肉だったけど。
後遺症の排便障害が心配で、あんまり食欲でなかった…。

いや、実は他にも理由があったんだけどね。
5人部屋でほぼ満員だったんだけど、夜中にいびきの凄い人がいてほとんど寝られない。
で、朝方やっと眠れても1時間とかだから、朝ご飯ほとんど食べれない日がしばらく続きますた…(^_^.)。

…てなところで直腸がん顛末記第7回はおしまい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

タグ : 顛末記 直腸がん 大腸がん 経過 術後

13:11  |  顛末記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gangan38.blog.fc2.com/tb.php/8-e603dd9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。